コミュニティスペース床の間

アンド・ンは白浜新地に昭和中期に建てられた町屋をリノベーションしています。

そのため、柱や階段手すり、丸窓など当時のものが使用されていて、

とてもノスタルジックな空間です。

 

2階お部屋

2階にある和室2間(コミュニケーションスペース)は、

新地が賑わっていた頃は県外からの行商の方が、長期でこちらに寝泊まりをされていたそうです。

この窓からどの様な風景を見られていたのでしょうか?

細い小道がや古い建物もまだ見れるので、実はそんなに大きく変わっていないのでしょうか?

古い写真などが残っていたら、是非見てみたいものです。

 

掛け軸

先日、2階にあがってみると床の間に掛け軸とお花が。

何気なく気になり、その前に座って眺めているととても落ち着いた気持ちになりました。

障子越しに落ちる柔らかい光が心地よく、まさに陰翳礼讃。

お花の枝と掛け軸に描かれた枝は同じ方向から風が吹く風に吹かれているようにも見えて

すっかりこの心地よい空間に引き込まれていました。

 

白良浜からほんの5分ほどのところにあるアンド・ン周辺は、

意外とお昼間は静かで落ち着くところです。

 

こちらの2階のお部屋で現在は、津軽三味線、お琴、三味線、華道(春まで休講)、着物着付など

町屋の雰囲気に合わせた和のお稽古クラスを実施しています。

古き良きもみ触れることで再発見してお稽古を楽しんでいただければと思います。

 

ご興味のある方は、是非アンド・ンまでお問い合わせください。

電話:0739-43-8333

メール:info@ando-n.jp