茶房の花

南紀地方(どのあたりまでかはっきりと分からないのですが…)は

四月三日に女の子の節句をお祝いする風習がありますね。

 

お雛様をこの時期にお飾りするお家も多いかと思います。

桃にはいろんな色の花を咲かせる木がありますが、今回は白い桃をいけました。

今の時期、桜より少し早く咲いて、桜とは違った花を野外で見かけますが、

それが桃かと思われます。

 

昔は桃の花が咲く頃におこなわれていたので

「ひなまつり」は桃の節句ともいわれています。

桃には魔よけや厄除けをしてくれる力があるといわれているので、

女の子が健やかに成長するようにとの願いが込められているそうです。

 

 

[今回の花材]桃(白の枝)/ トルコキキョウ / カラーの葉