牡丹桜が綺麗に咲いている昨今です。

どの木々も新芽をつけて、春本番を告げてくれています。

 

今回は、銀葉コデマリ・芍薬・鳴子ユリをいけました。

芍薬は、平安時代に薬草として伝えられたそうですが、

その後は鑑賞用としていろいろな品種が作られています。

 

また、立てば芍薬座れば牡丹といわれるように、

牡丹と並んで高貴な美しさを漂わせ、豪華な花を咲かせます。

どんな花が咲くか楽しみに待ちたいと思います。

 

ぜひ、茶房でゆっくりとした時間をお花を愛でながら

お過ごしくださいませ。