おはようございます。

今朝はくもり空です。

先日まで行われていた、「三栖壽嘉子グループ香藍かな書展」には遠方からも多くのお客様がお越しでした。

こちらのお写真はその中のおひとりがお撮りくださった一枚です。

三栖先生は会場の所々にお心を配ってくださっておりました。

その中のひとつがここにおさめられています。

こちらのお部屋は階段を上がってすぐのお部屋です。

お部屋に入る前にまずこの丸窓が目に入るのですが、その際に作品を窓越しから目にとめていただけたらとの思いで配置されておりました。

説明せずとも、その一瞬その意図をお汲み取りいただける喜びは格別でございます。

そして写真におさめていただけるまでにお心をうごかせたのは、三栖先生の作品とわたくしども&n(アンド・ン)の建物への深い思いだったと思います。

&n(アンド・ン)では、「ここだからこそ。」の空間をご提供させていただけます。

&n(アンド・ン)で「あなた」を表現してみませんか。